我楽駄@備忘Log

hanepyon.exblog.jp
ブログトップ

川は面白い?かな

盆が終わったので、釣りに出ました。



日中は暑くて死にそうになるだろうから、早朝に・・・

家を4:50頃出て、途中、自販機で飲み物を2本仕入れて、現場着が5:10頃
c0022113_1346339.jpg

やや水位が低いですが、散発的にライズは起きているので、望みはありそうです。
c0022113_13465949.jpg

30mほど上流の電線の上から、「鵜の目鷹の目」の鵜の方が睨みを効かしているようです。

準備を済ませてフライを流しますが、水位が低くて手前は流れがほとんどないので、ラインとフライの流れの差は何ともしがたく・・・ドラグかかりまくりです。
ちょっと流し方を工夫して、何度かバイトはありましたが、フライサイズがマッチしないようで・・・
小さくすると気づいてもらえず無視、大きくすると反応は良くなりますがフッキングせず
痛し痒し状態がしばらく続きます。

「もう少し水位が上がればな・・・」
そんなことを30分以上願っていたら・・・6:00になって上流の堰を操作したのでしょうか?
見る間に水位が上がり始め・・・希望していた水位をはるかに超え(笑)
散発的でも起きていたライズがすべて止み、今度は逆に釣りにくい状態になってしまいました(泣)

為すすべなく、適当に水分を補給しつつ喫煙し、我慢しながら適当にフライを流して魚のいる場所をサーチしていたら、なんとなく水位が下がったような感じで・・・時計を見ると7:00
それからさらに水位が下がって、本当に希望していた水位になりましたが・・・
ライズは対岸寄りの場所で多く起きるようになってました(泣)

日も上って暑くなってきたし、ライズまで届かないし・・・
7:20までやって終わりにしようと思っていた矢先、ライズはなくてもフライを落とすと下から魚が出る場所でバイトがありました。
フッキングも決まりましたが、魚のサイズがとても小さく、合わせと同時に飛んできて・・・
ラインが草に絡んでいる時にはずれて落ちてしまいました(#22のバーブレスですからね)
触ってないけど視認はしました、7cm位のオイカワのメスでした。

その後、定刻まで頑張りましたが、手前側にはほとんど魚がいなくなったようで・・・
やはり美味しいのは対岸寄りでした。

タックルを仕舞って帰り支度している時に、バスの狙える場所を探している川越方面から来たアングラーと遭遇して情報交換をしました。
(出身は越谷のようで、昔のことをいろいろ教えてもらいました、それと某I県の小口情報も・・・)

日本野鳥の会で販売しているポーチに入る長靴を持っているので(先月、師匠の家のそばの川で釣りをした時に持参しました)、それを履いて少し立ち込めば対岸のライズまで届きそうなので、次回は持参することにします・・・と言っても、次がいつなのかわかりませんけどね・・・


おまけ:
釣ったオイカワの写真はないですが、帰りに木を登っている特大芋虫(蝶々の幼虫です)を見つけたのでUPしておきます。
c0022113_1475882.jpg

c0022113_1481020.jpg

ハンド計測ですが10cm超えてますね・・・釣ったオイカワより確実に大きいです(笑)

オマケ2;
夕方、補充のつもりで3本だけフライを巻いた。
c0022113_19363159.jpg

#22のフックと#18のがまかつC14-BVフックを使用
下の定規と比べるとサイズが判ると思いますが・・・最近、ミッジを巻くのは目が辛いですわ
by hane_tomo | 2011-08-16 14:09 | 釣り(フライ・コイ科) | Comments(0)