我楽駄@備忘Log

hanepyon.exblog.jp
ブログトップ
2012年 09月 22日

帰省ついでに復活

お彼岸の墓参りで実家に帰省しました。



越谷を出たのは10:00過ぎ、物凄い大雨で釣り道具を積んで行くのは無意味なことかな?と思ってましたが、首都高で小菅を過ぎた頃には明るい曇り空に変わり、京葉道の穴川ICを過ぎた頃には薄日も差してました。

途中寄り道をして買い物をしたので、実家に着いたのは13:00過ぎ
昼食を摂っているうちに、雨雲が広がって来たので、急いで両親を乗せて、父方、母方、両家の墓参りに出ました。
墓参りをしているうちに明るい曇り空に変わったので、15:30過ぎから2時間ほど釣りに出ることにしました。

帰宅時間が決められていたので、あまり遠出は出来ないのでギル遊びの出来る池までは難しいと判断して、実家裏を流れる川の下流へ行くことにしました。
c0022113_1171258.jpg

下げに入っているのか、割と流れが有って・・・良さそうに見えましたが無反応でした。
時間が無いので、川のそばの親水公園の池でちょっとルアーを投げてからすぐ移動

バスやギルが居たと記憶している池へ行くと・・・渇水で水位が下がっており、何故か?ウシガエルだらけ・・・
散歩していたオジサンと立ち話をすると・・・
「ギルやバスが居るのが判ると干しちゃうからね~もう居ないと思うよ」
居そうな場所を聞いたところ、2つほど教えてくれたけど・・・
(車のナンバーを見て「埼玉から来たの?」と警戒してましたが、彼岸の墓参りで帰ったと言うと、警戒心を解いてくれました)
1つ目の池は蓮が沢山でフライは無理でした。
でももう1つの池は、僕たちが中学生の頃に散々通って、工事のため干されて、大学生の頃に復活した池でした。
以前はヘラ釣り場として運営してましたが、今は無管理で釣りは構わないだろうということでしたが・・・
c0022113_1241533.jpg

c0022113_1243120.jpg

菱藻?だらけでオープン部分がほとんどなく、池の周囲が金網で覆われていてフライで遊ぶのは無理でした。

時計を見ると既に16:00過ぎ、近場で有望そうな場所が思い浮かばなかったので・・・
車で20分程度掛かる、以前気になっていた川へ行くことにしました。

c0022113_1271245.jpg

橋の上から眺めたら、ライズが起きているように見えたので、降りてみたら・・・
何と!!足元いっぱいのアメンボでした(笑)
それでも偏光グラスを掛けて眺めれば、オイカワ?ウグイ?所謂「雑魚」っぽい群れが泳ぎまわっているのが確認できたので、ここで悪あがきすることにしました。
が、曲者は居るものでして・・・親しみやすい水辺に変えたと同時に放流する鯉が邪魔で・・・
人影を見ると驚いて逃げるので、狙いの魚たちもつられて散ってしまうし・・・
結局、20分も遊べませんでしたが、1回バイトが有っただけで終了

今回フライはリハビリを兼ねていたので、やや硬めのクレモナ#2/#3を使いましたが、キャスティングフォームはともかく、10m~程度はキャスト出来ていたので、これからきちんと練習すればblue-heronのテロンテロンRODのキャストも元に戻るでしょう・・・多分(笑)

時間が無いなら、「実家裏の川の上流へ行けば良かったかな?」と思ったのは、帰りの車中でした。
車を停める場所がなかなか無いけど、全く無いわけじゃないからね・・・
次回は上流へ行くか、思い切ってギル池へ行きますわ。

オマケ;
隣町の公園墓地はお彼岸の時期に特産品を売り出しますが、お袋お勧めの餅が売っていたので買ってもらいました(笑)
c0022113_137402.jpg

古代米を使った(黒い)大福です。
帰宅後に食べましたが、外側が黒くて中の餡が(イモベース?)白く、普通の大福と逆の配色の餅でした。
餡が小豆ではないので表現しづらいですが、なかなか美味しかったです。
追記;普通の小豆餡のものも入ってました。見た目は黒&黒なので地味ですが旨かったです。

次回帰省は11月かな?と思ってますが・・・もしかしたら12月にずれ込むかも・・・
そうなると・・・夜のメバルにシフトしてしまうかな?

by hane_tomo | 2012-09-22 23:58 | 過去D;釣り(ルアー&フライ) | Comments(0)


<< 100点      万人受けするか?しないか? >>