我楽駄@備忘Log

hanepyon.exblog.jp
ブログトップ
2012年 10月 27日

悪あがき2

釣り雑誌「ウォルトン」で取りあげられていたベイトリールの記事に触発されて、色々リールをいじってますが・・・



ロープロリールとしてABUのプロマックスを扱いやすいものにすべく色々悪あがきをしてます
標準の磁石(1.5mm厚x4)を1.8mm~2mmで5個搭載してブレーキの効きをコントラーブルにすべく手を加えてますが、家でスプールを弾いてキャスコンをいじってると、どうも他のABUリールと比べるとキャスコンの効きがちょっと違うように感じました。
で、よ~く見てみると、プレートに使われているものが亜鉛の板ではなく樹脂製のものということが判りました。
亜鉛の板は大昔のシマノBB-2付属の小部品の中に複数枚入ってましたので
c0022113_21372495.jpg

それを加工して樹脂プレートが収まっていたくぼみに入るようにしました。
c0022113_2138205.jpg

c0022113_21384877.jpg

写真は撮ってませんが、マグユニットが納められている左側も同様に交換してます。
この亜鉛板に交換した状態でキャスコンをいじりながらスプールを弾くと、何となくフィーリングが他のABUリールと同じような感じになってました。

お次は・・・
給料が出たので、気安めですがこれらを入手しました
c0022113_21415718.jpg

c0022113_21422015.jpg

サクっと交換してみましたが、BBクロスバーは片側だけのベアリングなのであまり効果は期待できない感じですね。
(4000番用には左右2個のベアリングを装着するタイプが有って、過去4600Cに装着して実感済みです)
まぁ気安めですが回転抵抗が僅かでも減れば良いかな?と・・・
AVAIL製B-TRAP製のスプールに換装することも考えてますが、今流行りのフィネスの釣りをする訳ではないので、12~14ポンドで糸巻量は100m程度は欲しいのも事実です
(川でルアーを下流へ流してからりーリングする場合はそれなりの糸巻量は欲しくなります)
AVAIL製ならAMB2560(深さ6mm)にすれば12ポンドで110m巻けるようですね・・・10ポンドなら2540(深さ4mm)で100m巻ける様です。
B-TRAPは2号80mの様ですね、2号=8ポンドとするとちょっと足りないかな?と・・・見た目はブランキングスプールで良いのですが、あまり軽くないのが・・・価格も一万弱するし・・・買うならAVAIL製かな?
これまたしばらく悩みますわ・・・

さ~て、明日雨が降る前に実釣確認に行かないとね

by hane_tomo | 2012-10-27 22:06 | 釣り(雑事) | Comments(0)


<< 残念な・・・      少々遅かったけど >>