我楽駄@備忘Log

hanepyon.exblog.jp
ブログトップ
2013年 06月 09日

難しい・・・

帰省ついでの釣りですが、今回は実家に戻る前の釣りになりました。



東京ドイツ村を出たのが13:00頃、普通に走れば40~50分くらいで実家に戻れますが、親父もお袋も予定があって留守なので、とりあえず時間つぶしを考えて・・・
しばらくドライブということで南下して房総の山中の木々の彩りを楽しんでました。
(房総の山の中を昼間まともに走るのは15年振りくらいだったので、記憶があやふやになっているのと新しい道路が出来ているため以外と楽しめました)

ダラダラ走りながら、釣りの出来そうな川を探しましたが、良さそうに思えた高滝ダム上流の養老川では若者2人が釣りをしていたので断念しました。
そこそこ川幅があって降りやすいところというとなかなか見つけにくく、結局、良く立ち寄る川にしました。
c0022113_6363394.jpg

使用タックルは
c0022113_6365424.jpg

パームスのエゲリア73M
今日はこの1本しか持ってこなかったので、川幅のせまいところでは遊びにくいのです。

この川のこのポイントあたりだと感潮域になるので、釣りを開始した頃は上げ始めてました。
最初の30分くらいは時折跳ねる鯉くらいしか居ませんでしたが、その後、太陽が雲に入った頃から上流の岸辺ボイルが起き始めました。
持ってきたルアーとタックルだとギリギリ届くか届かないかなのですが、そこそこ重さがあって動きの良い、サムルアーのチャンクSSRを使ったところ着水と同時にヒットしました。
が、越谷仕様で根掛かり対策でテールのシングルフックのみだったので、掛かりが甘くジャンプ1発バラされました。
30m以上離れていたので、魚種の特定は出来ませんが、多分、ナマズかシーバスだと思います。
もう少しティップが柔らかくてバットがしっかりしたRODだったら、捕れていたかも知れませんが、まぁ後の祭りです。
その後、ボイルが更に上流に行ってしまって届かなくなったので適当に対岸や下流を狙って遊んで、頃合をみてお終いにしました。

オマケ
c0022113_6502629.jpg

感潮域に関係あるか判りませんが、モクズガニが何匹も居ました。

c0022113_6512051.jpg

ワゴンセールが魅力あるので、実家そばの釣り具屋は覗く様にしてます。
今回はこんなものを買いました。アーボガストの”BUZZ PLUG”は沈まなくて使いやすいとWebでレポートを見ましたので・・・

自宅そばの川の初夏のベイトパターンと同じような感じでしたが、1回り大きいサイズのルアーももう少し入れておくべきでした。
近距離戦だけでなくロングレンジも有り得るのでね・・・

by hane_tomo | 2013-06-09 06:55 | 釣り(実釣ルアー) | Comments(0)


<< 発想転換      観光?帰省? >>