我楽駄@備忘Log

hanepyon.exblog.jp
ブログトップ
2013年 07月 20日

農繁期の様子見

先週の猛暑を忘れてしまうくらい、昨日、今日は凌ぎやすかったですね。



今日は涼しかったので朝からハス狙いに出たかったのですが、昨夜の夜更かしが響いて、目が覚めたのが8:00過ぎ
流石に8:00から行く気にはならなかったので、午前中は家で大人しく過ごし、午後から夕マズメ狙いで秋になるとオイカワを狙いに行くポイントの農繁期の様子見に出ました。

農繁期=用水路水量豊富
農閑期=用水路最低量の水量
ということで、以前よく出かけていた茨城某所の川も、夏場は水位が高すぎて瀬が消えてしまってオイカワを狙うことが出来なくなってました。
ここ最近秋になると行く場所も、農閑期は水位が下がりますが、農繁期は行ったことが無かったので釣果は抜きにして、様子見に出ることにしました。

水位が高い場合は小型のミノーやスプーンを投げてニゴイでも釣れれば良いかな?と思って、タックルはルアーとフライの二刀流。

秋にやっていたところより上流の確認に行ったら水位は割と低く、場所によっては瀬の様なところもあったので上流でやることにしました。
c0022113_19421467.jpg

が、この瀬というか流れの下流は何故かオイカワが着いてないようで・・・フライを落としても無反応
5m下流の橋の下を見ると、定位しているオイカワが居たので、狙いますが・・・
早アワせでフッキングミス連発・・・魚が散ってしまいました。

仕方なく、少し上流の田んぼの脇を流れる部分を覗きに行くと
c0022113_1945564.jpg

(釣り開始後1時間くらい経って日が傾き始めてますが、川の感じは判ると思います)
三面護岸のどう考えても期待の持てない流れ・・・
でも、去年は下流部の似たようなところでオイカワを釣っているので、少し上流へ歩いて行き、下流方向へフライを流すと・・・
c0022113_19471518.jpg

とりあえず1匹キャッチ
その後、上流へキャストして緩い流れに乗せていると・・・
c0022113_1948294.jpg

サイズダウンしてしまいましたが、2匹目キャッチ

目を凝らして良く見ると、ライズも頻繁にあるようです。
しかし、警戒心が強いので接近すると逃げてしまうのでロングキャストが必要です。
やや風があったので、自作#0RODにDT2Fを乗せてましたが、ロングキャストするとラインの重みにRODが負けてしまって腰砕けになります。
ここでラインをWF1Fにチェンジしたら、ロングキャストが楽になりました。

が、釣果の方は楽にならず・・・
フッキングミス連発で、割とRODに重みを感じるくらい良い型の魚が出ていたのですが、ことごとくフッキングミスでキャッチできず。
c0022113_1954291.jpg

三面護岸ですが土が堆積していて水草もそこそこ生えてます。
この水草の際にフライをキャストして流すと良い型のオイカワが出るのですがね・・・トホホ

視認性が良くて魚を騙せるサイズのフライがBOXにほとんど入って無くて・・・
(オイカワ用のフライなんて1年くらい巻いてません・・・)
フライチェンジの度にアイにティペットを通すのが辛く・・・
健康診断では視力はここ20年変化の無い左右ともに裸眼で1.5なんですけど
老眼がかなり進んだ様で、#20以下のミッジは拡大鏡のお世話にならないとアイにティペットを通すのは至難の業です(フライチェンジに3分以上掛かってしまいます)

段々日が傾いてきて・・・
c0022113_2003194.jpg

暗くなると拡大鏡を使ってもアイにティペットを通すのが難しくなるので、集中力も落ちてきたので終了をしました。

このポイントはどうも某魚の生息にも適しているようで、トリコなんだか日淡愛好家なのか判りませんが、網を持って車でウロウロしている輩が多く・・・
違う意味で場所取りが熾烈なのが面倒です。
浅くて流れが有って開けた場所では網を使っても捕れないでしょうから、三面護岸の場所には誰も来ませんけどね・・・

ミッジを大量に巻いて次回はBlueHeronで楽しもうかな

by hane_tomo | 2013-07-20 20:06 | 釣り(フライ・コイ科) | Comments(0)


<< 楽になれば      居ると思うけど・・・ >>