2013年 08月 19日

想像以上、異質の世界かも・・・

今まで自作#0RODにはWF1Fを乗せて不自由無くキャスト出来ていると思ってましたが・・・



インファンテの#0を購入してここ最近使いこんでますが、WF1Fではラインが重たい様に感じられ・・・
その感覚が残ったまま自作#0RODを使ったら、そちらでも重く感じるようになりました。
(WF1Fのランニングライン部分を使う巻き方は今はやめております)
WFだからでDTなら違うかも・・・・ということでDT1Fを使ってもみましたが、やはり重く感じるのは一緒でした。

本当はラインは手持ちの物でいきたかったのですが、重すぎる感覚は良くないかな?と思って、インファンテの推奨ラインを買ってみました。
c0022113_2314349.jpg

どこかのHPでスープララインの事を書いてまして、そこでは「ちょっと重め」と触れてましたが・・・
箱から出してラインを見ると
c0022113_23154052.jpg

そんなことは無いのではないかと個人的には思ってしまうような細さでした。
WF1Fのランニングライン部分とはちょっと違うと思うくらいの細さです。
使いこなせれば色々メリットは有りそうですが、この細さは風には相当弱いと感じますね

本末転倒な気がしますが、なんかリールに巻くのがもったいない気がして・・・
巻くのはちょっと我慢しようかな・・・
農閑期に入って狙えるポイントが増え出したら巻こうかな・・・なんて事も考えてます。

by hane_tomo | 2013-08-19 23:22 | 釣り(雑事) | Comments(0)


<< 巻いてみた      水路巡り >>