我楽駄@備忘Log

hanepyon.exblog.jp
ブログトップ
2013年 09月 29日

35年振りの場所で・・・

帰省で頼まれごとをこなした後、時間は16:00になってました



秋の日はつるべ落としですから、車で釣り場まで移動しても釣り開始は17:00頃になってしまいます。
実はわざわざ車で移動しなくても、実家の裏(徒歩3分程度)を川が流れています。

小学生の頃は、ほとんど毎日帰宅すると川へ釣りに行ってました。
(餌は実家から5分くらいの牛を飼っている農家のへ行ってミミズを掘らしてもらってました)
中学に入って部活を始めたり、ルアーを覚えてしまってからは裏の川での釣りはやらなくなりましたけど・・・

なので今回は裏の川の様子見ということで、歩いて釣りに行きました。
c0022113_141024.jpg

c0022113_143976.jpg

今は支流が合流するように流れが変えられていますが、昔は水門が有って本流に流れ込んでいました。
水門下の溜まりで良くフナを釣ったものです。
35年前はもっと川幅が広かったのですが、護岸工事で川に手を入れた際に幅もいじったのでしょうか?
(昔は今より背が低く、小学生目線と違うからと思うかも知れませんが、僕は昔から背が高く、今より15cm程度低い目線なのでその部分での影響は考えられません)

釣りの方ですが、昔はヤマベ(オイカワ)釣りは1つ上の橋より上流でないと成立しなかったのですが、今は川底に石(ガレキ?)が入ったりしているので成立しそうです。
じっと見ているとライズもそこそこありますし・・・

で、今日は良く判らなかったのでクレモナ8ft'2の4pc#2~#3を持参しましたが、ここ最近よく使っている0wtRODと勝手が違って、かなりラインが重く感じられ違和感感じまくりでしたが・・・
c0022113_1125029.jpg

c0022113_1132158.jpg

c0022113_1134896.jpg

何とか3匹キャッチ出来ました。
象の国に行く事ばかり考えていたので、釣り用の防水デジカメを忘れてしまったので一眼を使いましたが、色々気を使って使いにくかったです。
僕は釣りには一眼は持ち出せないです・・・神経使うし(笑)

17:53 流しているフライも肉眼で視認できなくなったのでRODを畳んで帰りました。
土手を登って時計を見ると17:57、実家まで何分で着くか確認したところ・・・ちょうど18:00に着きました。
ジャスト3分ということです。
季節的にいつまでオイカワ釣りが出来るのかは未知数ですが、車で移動しなくても良いのはかなり楽です。
次回の帰省が秋のうちならまたやるつもりです。

by hane_tomo | 2013-09-29 01:20 | 釣り(フライ・コイ科) | Comments(0)


<< 9月振り返り      約20年振りに・・・ >>