2014年 05月 10日

験担ぎ続行中

最近、ブログに釣りの話題が無いのでご不審に思われるかも知れませんが・・・



辞めてしまった訳ではなく、験を担いで自粛しているのです。

基本的にキャッチ&リリースの釣りなのですが、合わせが遅れて針を飲まれてしまったがために魚を死なせてしまうことも有る訳でして・・・
昨年秋から親父の体調が思わしくなく、時々、入院しているのがやはり気がかりで・・・

そのために験を担いで殺生ごとに繋がる釣りを自粛しているのです。
(小康状態に入った4月の帰省時に実家の裏の川でオイカワを狙って遊びましたけどね)

晩秋のベイエリアのセイゴ遊び
冬のメバル遊び
春のニゴイ&マルタ遊び
春のバチ抜けシーバス遊び
季節ごとに遊んでいる釣りをやらないまま、もう半年以上経過しました。

その間に色々振り返ることが出来たので、所有タックルを色々を見直していたら、ずいぶんと使わないようなRODが増えていることに気づかされました(笑)
「叩き売られて安いから」とか「中古商品だから今買わないと無くなる」とか強迫観念に囚われて居ました。
使うあてに関しては二の次で、入手しておくことが大事に思えての行動でした。

棚卸してみて気づかされたのは、「少なくともこの先使うことのないRODが10本は有る」でした
詳細は省きますが、その中の1本ハートランド川スペだけは、望む方に譲ることが出来たのでよかったかな?と・・・・他のRODはこのままいくと自室の肥やしになるか中古屋で二束三文かのどちらかでしょうね・・・

一昨年だったか、タックルベリーにルアーRODとフライRODをまとめて10本以上持ち込んで売却しましたが、全国一律で商品ごとに買い取り価格が決まっているチェーン店の場合は買うのは良いですが、売るのはだめですね
7~8年くらい前にバス用ルアータックルを売却した時は、個人経営に近い中古釣具屋に持ち込んだので想定額よりやや下がりましたが、がっかりするほどではなかったです。

まぁ、増やさずに使い回しをするようにすれば別に処分しに行かなくても良い訳でして・・・当面、その考えで行こうかな?と今この投稿を書きながら思っている次第です。
自粛期間がいつまで続くかはわかりませんが、釣りに関しては辞めた訳ではないのでご承知おきください

追記;
今は無いエビスフィッシングの”Mr.DON ベイワークス8ft”をいじっていて感じましたが、「20年くらい前のシーバスRODは重いけど粘っこいアクションで良いな~」と・・・
無職の時代にリメイクしてガイドだけは付け替えてますけど、グリップ周りはそのままで、ここ最近のROD(ほとんど知らないに等しいですけどね(笑))と違ってシーバスRODなのにコルクグリップですからね、物珍しさが先に来ると思いますよ・・・
バチ抜け遊びには最適な気もしますが、重いのが難点かな・・・

by hane_tomo | 2014-05-10 17:48 | 日常 | Comments(0)


<< ブラブラと昼食      珍しいものを見た >>