我楽駄@備忘Log

hanepyon.exblog.jp
ブログトップ
2014年 08月 15日

原点回帰

亡くなった親父はハゼ釣りが好きでした



透析を行うようになって、摂取水分量をコントロールするようになってからは、
暑い中の釣りは厳禁だったようで、2年くらい前からは行かなくなってましたが・・・
まだ透析をする前は夏~秋、ハゼ釣りに行って、
釣れたハゼをてんぷらや焼き干しにして正月の昆布巻きの具にしていました。

僕が釣りをするようになったのも実は家族で行ったハゼ釣りが最初で・・・
うっすらと記憶があるのですが、たぶん、4歳になる年の夏~秋で今から44年前のことです。
何処に行ったのかまで覚えがありますが、その場所はまだ実家に住んでいた頃に、
シーバス狙いで何度か行ってましたが、工事が入ってしまって風景はあとかたも無くなってます。

親父の四十九日もまだなのに不謹慎かな?と思いますが、先週帰省した時にお袋に
「四十九日が終わったら、帰省してくる時、道中でハゼ釣りをして獲物を持ち帰って
、天ぷらにして親父のお供えするというのはどうかな?」
と話してみたところ、お袋から
「お父さんはハゼ釣り好きだったから喜ぶんじゃないかしら、良いわよ」
と快諾をもらいました。

透析をする前の親父が良くハゼ釣りに行っていた場所も、実は知ってまして・・・
そこで数釣りが出来れば実家に戻るのも楽なのですが、たぶん、数か所回らないと駄目かな?と思ってます
c0022113_1763526.jpg

僕とカミさんの二人で釣りをするつもりなので、1本ずつのノベ竿と1本チョイ投げしておけば良いかな?と
(2本チョイ投げが良いような気もしますが、ハゼ釣りに使えそうな携帯出来る竿が実はないんです・・・)
8ftのTRGRの柔らかいのを使えば良いのですが、錘負荷が少ないのでチョイ投げには役不足かな?と・・・
荷物になるのを我慢すれば、2pcの6ftスピニングRODもあるので問題ないですが、
上州屋あたりで振り出しの短いスピニングRODを買っても良いかなと思ってますけどね・・・

今から準備するのはまだ早いですが、1ヶ月後には実行する気でいます。

親父は初夏のイシモチの投げ釣りも、冬のサーフライトを使ったフッコ釣り(あえてシーバスとは言いません)も
好きだったんですよね・・・どうしようかな・・・

思えば、亡くなった親父の親父、つまり祖父ですが、祖父も釣り好きで・・・
亡くなった年のGWに北海道に帰省した時に、数年ぶりで以前住んでいた日高地方の川に寄り道したら
アカハラ(ウグイ)が大量に遡上していて・・・
「見ているから釣りしてみたら」
と言いだしてました・・
さすがにその時は親父が「これから札幌に帰るのに釣りなんかしていたら夕方の予定が狂うから駄目」
と祖父に釘をさしてました。

その祖父が亡くなったのが8月で78歳の時、先日亡くなった親父が7月で78歳、
親父の弟(叔父)はすでにこの世を去ってますが、
我が家の家系は78歳を超えられないのかも知れないですね
実家に置いてある過去帳の記載を見ても昔の先祖の亡くなった年齢は意外と若かったですし・・・

とりあえず来月供養目的でハゼ釣りに行くというお話でした。

by hane_tomo | 2014-08-15 17:24 | 釣り(雑事) | Comments(0)


<< 盛は過ぎているけど      盆休みが始まるけど・・・ >>