2014年 10月 26日

帰省で短時間遊ぶ

実家のお袋が喪中案内を出すためには色々やることが有ります



そういう諸々のことに対応するために帰省しました。
いつものように昼過ぎに実家に着いて、諸々のことをこなし、15:30に空き時間が出来たので
裏の川に釣りに行きました。

徒歩3分で釣り場に着くので非常に楽です。
c0022113_16174320.jpg

今回はBlueHeronの#1~#2RODにDT2Fを乗せてやりました。

久しぶりに#2ラインを使いましたが、#0~#1に比べるとラインが重いですね
水面に浮かんだラインをひきはがすのも結構しんどいし・・・
ライントリートメントをあまり塗って無いからかも知れませんけどね

上流へ行ってもライズは見つけられないし、岸辺に降り立った場所から10m先に合流点が有りますが
そこでライズを見つけたので、そこは最後のお楽しみに取っておいて
とりあえず、駄目もとで50m上流の対岸の水門の流れ込みを見に行ってみました。

イナっこは居ますがオイカワはお留守のようなので、下流の合流点に戻り
キャストしてちょっと流すと
c0022113_1623851.jpg

小さいけど1匹目

対岸のサイクリング道路もすぐ上の道路も散歩する人が多く居て
フライなんかやる人を見たこと無い筈なので、物珍しく映るせいか
じっと眺められることが多く、恥ずかしいやら鬱陶しいやら・・・
集中し難いです

c0022113_1625495.jpg

サギは餌場なので人が居るのを好みませんけどね・・・

それでも何とか
c0022113_16263545.jpg

2匹目を釣ることが出来ました。

煙草を吸って散歩する人の好奇な目をやり過ごす時間も結構有って・・・
実釣時間は割と短かったのですが(川辺に居た1時間半のうち30分くらいは休憩してました)
移動に時間がかからないのがせめてもの救いです
c0022113_16282976.jpg

デジカメに写る風景はかなりうす暗くなってますが、帰る頃は肉眼でもこんな感じでした。
RODをたたんでライントリートメントを塗りながらラインを巻き取り
身支度を終えてテクテク歩き・・・3分で実家まで戻れました。
(合流する支流だと実家から1分で行けますが、そちらはオイカワは居ないようで・・・
合流点でしか釣れないようです)
支流の岸辺を通って帰ることも考えましたが、何処で上に上がれば良いのかわからないので
素直に道路を歩きました。

もうそろそろ今年のオイカワは終わると思うので、次回あたりからは泊りで帰省したら
海に夜釣りに行こうかな?なんてことを思っております。

by hane_tomo | 2014-10-26 16:33 | 釣り(フライ・コイ科)


<< 通算5冊目      長い間の勘違い・・・ >>