我楽駄@備忘Log

hanepyon.exblog.jp
ブログトップ
2014年 12月 30日

水面のギラつきを抑えるために

以前所有していたオリンパスのデジカメC-2040はバッテリーの持ちと記録媒体がSMだったのは頂けませんでしたが、
レンズは明るく(F1.8~)ワイコンやテレコンの設定も有ったので色々便利に使えました



コンバージョンレンズアダプターの径に合うPLフィルターを付けると、水面のギラつきを抑えた撮影が出来ました。
c0022113_11543754.jpg

c0022113_11555629.jpg

↑古い写真ですが、2006年の初夏に日光にある”水産総合研究センター”に併設されている「さかなと森の観察園」内の池で撮影したものです。水面の反射を抑えて綺麗に魚の姿が写せてます。

偏光グラスを掛けた状態で釣りをして、魚の姿が見えたので撮影をしても、カメラに偏光フィルターが付いて無いと、全く違う写真しか撮れないです。
まぁそういうことは気にしなくても良いのですが、なんとなく記録として撮っておきたい時も有るので、釣り用コンデジを新調した機会にその辺も考えてみることにしました。
WG-4にはワイドコンバージョンレンズの設定が有るので、ワイコンを付けるためのアダプターを入手することから始めます。
アダプターの径は37mmなので径にあったPLフィルターを同時に購入し、保護のためにキャップも買うことにしました。
c0022113_128351.jpg

本来、WG-4には接写用のリングが用意されているのでそちらにフィルターを付けても良かったのですが、径が大きいのと
c0022113_12122996.jpg

Webの評判で「リングは外れやすい」と書かれていたのを見つけたので、そちらにフィルターを付けるのはやめにしました(リングの径は47mm?なのでフィルターも高いのでその辺も考慮してます)

WG-4にアダプターを装着してPLフィルターを付けると
c0022113_1216273.jpg

こうなります
右手前に置いて有るのがキャップでフィルター保護のために使います。
c0022113_12183971.jpg

夜の釣りの場合、PLフィルターを付けると暗くなるので夜の場合は外して行くと思いますが
代わりのフィルターを付けるか無しのままにするかはまだ決めてません
どこかでUVフィルターでも買っておくとしますわ・・・

想像以上にボディーの厚みが出たので、カメラを入れるケースも考えないと駄目ですな

by hane_tomo | 2014-12-30 12:20 | カメラ | Comments(0)


<< 振り返り      夜釣りよ今夜もありがとう・・・ >>