我楽駄@備忘Log

hanepyon.exblog.jp
ブログトップ
2015年 01月 31日

帯に短し襷に流しか?

最近の釣りは主にスピニングリールを多用してます



ベイトリール大好き人間でしたが、バスフィッシングから対象魚種を問わない釣りに変化したため、使うルアーの大きさがベイトタックルでは神経を使うことになったので、楽に遊べるスピニングにシフトしました。
それ以外にも昔のスピニングリールは糸撚れがひどくて、糸撚れが原因でトラブルを起こし、ガイド破損が2回、ルアーロストが複数有りましたのでね・・・
最近のスピニングリールは糸撚れもあまり発生しなくなったし、小さなプラグを神経使わずにキャスト出来るのが一番楽ですね

で、そのスピニングですが、最近は昔のようにワンタッチ折りたたみハンドルを採用しなくなりました
手持ちで最近のリールだとリョービくらいしか採用してませんね(笑)
国産2大メーカーのダイワとシマノ、中級以上のクラスのリールに採用しているねじ込みハンドルですが、ダイワは受けになるのかな?被せる形状の雌タイプ、シマノは差し込む形状の雄タイプ

まだ国産2大メーカーがねじ込みハンドルを採用する以前の海外ブランドでは
c0022113_18554138.jpg

c0022113_18561462.jpg

雄タイプのねじ込みハンドルを採用したものが有りました(あくまで手持ちの話ね)
シマノもそうだと思いますが、雄タイプのねじ込みハンドルだと差し込み部分を浅くすると、固定部分にゆとりが生まれるのでハンドルを内側に収めることが出来ます、これにより運搬、保管中は場所を食わないですね

対してダイワの採用したメスタイプのねじ込みハンドル、というかダイワの方式はハンドルを固定式にしたそうで、運搬・収納時にコンパクトにするにはハンドルそのものを外しておくしかないようです。
それに気付かず(知らずかな?)に、共回りタイプの固定方式からねじ込みタイプに変換させるための社外パーツを買ったのですが
c0022113_1944180.jpg

c0022113_196912.jpg

これを使うとねじ込みタイプのハンドルが使える様になりますが
c0022113_1972585.jpg

僕自身、ハンドル固定は歓迎して無いことなんです(笑)
取り外して運搬・収納すれば良いのかも知れませんが、リール袋にポケットでも付けない限り傷だらけになりそうで駄目ですね
どうせ固定なら、こういう形の固定にすれば良かったのに
c0022113_1910582.jpg

c0022113_19111394.jpg

大昔のファントムGX-2ですけど、ハンドルノブを円周方向にひっぱって、浮いたところで向きを変えて外向き、内向き変えます。
普通の折りたたみタイプよりはガタは出ません、向きを変えるのが多少面倒なだけです

中級スピニングを入手しようとすると・・・
ベイルアームが気に入った形状のメーカーのうち1社はハンドルが畳めず、もう1社は上州屋限定で選べる機種がほとんど無く、折りたたみの出来るねじ込みハンドルを採用しているメーカーは、ベイルアームが華奢な造りなのでちょっと気に入らなくて・・・
本当に「帯に短し襷に長し」状態なのがもどかしいですわ

手持ちのプレッソイプリミやインフィート月下美人の共回りタイプのねじ込みハンドルなら我慢出来るからそのタイプのハンドルを採用しているクラスを買うしかないかな・・・
(加工技術が有ればハンドルの加工をするんですが、アイデアは有っても加工する設備も技術も無いから我慢するしかないのです)
ハンドルがブラブラしないように輪ゴムで抑えて運搬しますわ

by hane_tomo | 2015-01-31 19:20 | 釣り(雑事) | Comments(0)


<< 散在      必ずしも >>