2015年 02月 22日

今更、出費が・・・

今の住まいは高圧線のそばだからか?ケーブルTV対応地域でした。



地デジ化と同時にケーブルTV視聴措置はおざなりにされ、近所の家も地デジ用のアンテナ(UHFアンテナですね)を立て始めました。
うちはどうするか悩みましたが、とりあえず月額500円払えばケーブルTV用のチューナーを借りられるので、借りてケーブルTVで行くことにしました。

1FのTV環境はそういうことで当面心配は有りませんが、2F寝室のTVは古いアナログTVで現状はデジアナ変換した信号が送られているので、アナログで視聴出来てますが、その措置も今月いっぱいで終了してしまいます。
①地デジ対応TVに買い換える
②ケーブル用のチューナーを追加で借りる
③地デジチューナーを買う
上記の選択肢の中から選ばないといけないのですが、いずれにしても出費が伴います。
カミさんは「別に寝室にTVが無くても良いんじゃないの?」と申してます。無くても困らない気もしますが、台風シーズンの夜中に寝床で進路を確認出来ると便利なので、有った方が良いと判断しました。
(他の理由も有ると思いますが寝しなにTVを見るということも少なくなりました)
①~③の中で一番費用(イニシャル、ランニング合わせて考えます)が掛らないのは、③の地デジチューナーですがいずれTVが壊れて買い換えると無駄になります。
①だとブラウン管TVと違って場所も食わないので良いことずくめですが、大きさに拠って価格はピンキリで、寝室のTV台に置くなら2~3万程度の出費になります。
②は費用が安く見えますが、年間6000円程度掛るので3~4年経つとTVを買い換えた方が得策になります。

TVの画面にメッセージが出ているのは気づいてましたが、金が掛るのがアホらしいので先延ばしにしていたらもう1カ月無いことに気づかされました。
そろそろ結論を出さないと駄目な時期に帰省しました(先週2/14)、ふと、親父が書斎代わりに使っていた小部屋(2畳程度の総檜で囲われた板の間です)に入り、前から気になっていた箱を良く見ると・・・

地デジチューナーの箱でした
c0022113_12581285.jpg

箱だけだったので、中身を探すと廊下の隅の台の上にケーブルと一緒に放置されてました。
実家の2FのTVをソニーのブラビアにしたのは親父がまだ元気な頃でしたが、それ以前、ブラウン管TVに地デジチューナーを接続して見ていたとは思いませんでした・・・
もう使わないことが判っていたので、お袋に一言告げて先週持ち帰ってました。

昨日の土曜(2/21)は出社日だったので作業できませんでしたが、今日やっておかないとまずい状況になりました(笑)なにせ2/28の土曜日も出社日なのでね・・・
で、12時過ぎにサクサクと作業をしたら即見れるようになりました。
まともに地デジチューナーを買うと5千円程度の出費は伴いますからね、いつ壊れるか判らないTVの為にその出費は嫌だし・・・といって壊れても無いTVの買い換えは嫌だし(笑)
まぁとにかく使わなくなったものを持ち帰って節約できたのは良かったということで、これも亡くなった親父のお陰と思い感謝してます。

by hane_tomo | 2015-02-22 13:06 | 日常 | Comments(0)


<< 何と言うか、表現が難しいけど・・・      少し早いけど >>