我楽駄@備忘Log

hanepyon.exblog.jp
ブログトップ
2015年 09月 21日

確認他

今週の木曜日から新しい勤務先で働きます。
今度の会社の最寄駅は新橋駅なので、家から行くと乗り換えが発生します。



どの企業もそうでしょうが、複数の通勤経路が選べる場合、通う人間にとって「楽だからこの路線を選ぶ」というのは許されません。
「一番安い路線を使って定期券を購入するように」というのが謳い文句ですね。

で、僕の場合、前の前の会社は同じ新橋でも”西新橋”だったので、日比谷線直通で神谷町駅で降りれば良かったので、乗り換えは発生しませんでした。
今度は新橋駅が最寄りになるので乗り換えが発生しますが、乗車料金を気にしなければ”秋葉原”駅で山手線に乗り換えるのが一番楽かな?
ですが、料金の安い経路を選ばなければならないので、北千住駅でJR常磐線に乗り換えることになります。

過去、北千住で千代田線に乗り換えることは何度かやりましたが、JRへの乗り換えをしたことが無いので、初日いきなりやるのもやや不安だったので、今日、祭日でダイヤが異なりますし時間帯も全く参考になりませんが、通勤経路の確認ということで、実践してきました。

中略

とりあえず、上野止まりだったので上野まで行き、お山に登って
c0022113_1757699.jpg

ここへ行きました
c0022113_17572790.jpg

c0022113_17574137.jpg

本当は昨日行く予定にしてましたが、昨日は大河原氏が来て1日館長をやられたそうで、混雑もかなり激しく、ツイッターを見ていたら入場1時間待ちなんて書き込みも有ったので断念しました。
今日は、ほとんど待ちませんでしたが(当日券を買うのに5分くらい待ったかな?)館内の通路と作品展示の関係で作品に依っては団子状態になっていてかなり鬱陶しかったです(怒)
原画というのかな?決定稿というのかな?かなり小さくて寄らないと細部まで見えず、じっくり眺めている人がかなり居たため、普通に並んで順番待ちをしていたら1時間以上掛かったと思います。
僕はもう「どうせ図録買うからそれを見れば良いや、どんな感じで書いたのかだけ判れば良いや」と開き直っていたので、30分で見終わりました。
※以前、一人でトーベ・ヤンソン展に行って原画を見ているカミさんはその辺のことが理解できていたので、人混みと動きの遅さは想定していたようでした・・・そう意味ではカミさんに申し訳ないことをしました。反省

で、買ったのがこれ
c0022113_1855857.jpg

c0022113_1861277.jpg

↑こまかい説明まで書かれているので、図録があれば結構楽しめます。
出口そばの販売所で土産品というかなんというか色々売ってまして・・・イラストの描かれたクリアケースが3枚で1200円とか、マニアは普通に買いそうな物のありましたが、僕は別にそういうのは要らないので(笑)土産品をざっと眺めて外に出ました。
酒とかワインはデザインと全く関係ないように思いますが・・・ほかに湯呑とか有りましたけどね・・・何か工業製品のデザインをしてそれを安く売っているなら興味ありましたけど・・・僕には見つけられませんでした。

帰りは東武線直通の日比谷線で帰り、昼飯を食べずに行ったので、遅い昼飯?早い夕飯?どちらとも取れる状況で、越谷駅前の「餃子の満州」に寄って麺と餃子を食べ、今日は特売日だったので冷凍餃子と生うどんを買って帰りました。

通勤は北千住の乗り換えと新橋まで行く常磐線を摑まえられない時は上野で山手線か京浜東北線に乗り換えるのがかなり歩くのが判りました。焦らずに行けそうです。

おまけ
ルアータックル整備を色々し始めてますが、着脱グリップの握り部分のリニューアルをし始めてます
とりあえず、高くないものを選んで買ってみました
c0022113_18155953.jpg

装着するのは
c0022113_18162081.jpg

チャンピオングリップと富士のGAコネット対応グリップ
ちょっと調整なんかして・・・
c0022113_18172041.jpg

↑のような感じにする予定です。
富士の方はラバーグリップ付属のアルミリングではテーパーがついているため、段差が気になりました、手持ちの赤いアルミリングがあったのでそれを使うことにしました。
※装着せずにラバーだけにすると若干ですけど短くなってバランスが悪かったです。

色々組み合わせを考えましたが、とりあえずGAコネットグリップにはラバーが合っているみたいです
※バスマニックにGAコネットを仮装着してグリップとの相性を見ましたが、ラバーグリップはそこそこ重量があるのでシングルでもバランス取れました。ただ、後々のことを考えるとセミダブルが良いと思いますけどね・・・

by hane_tomo | 2015-09-21 18:41 | 日常 | Comments(0)


<< 復活      お彼岸は無理だから・・・ >>